健やかな身体で今日もイキイキ!

肝機能の数値改善と食事

 

肝機能の数値に注意しよう

 

肝臓画像

肝機能は症状が現れにくいため、定期的に健康診断を受け、肝機能の数値を確認しなければなりません。

 

また、少しでも異常がみられる場合は、何が原因なのかをよく考えることが大切です。

 

あなたはどうせ付き合いなどと称して、毎晩お酒を飲んでいるでしょう。

 

自分は健康だからなどと、根拠のない自信を振りかざして。

 

いいですか。肝臓はホントに自覚症状がないんです。

 

いや自覚症状があったら、もうかなり悪いか手遅れかなんて言われるくらいですから。

 

よく聞きなさい。

 

肝機能を検査した時、特に注意したほうがよい数値はALTとASTです。

 

ALTは肝臓の中の肝細胞にある酵素で、体内に入ってきた栄養分をアミノ酸に変換し、体を動かす上で必要なエネルギーを作っています。

 

肝細胞がダメージを受けると、ALTが血液中に流れ出し、血中のALT数値が上昇するために、肝機能の異常と診断されるわけです。

 

ALTの基準値は40IU/L以下が正常といわれており、50IU/Lを超えている場合は慢性肝炎や脂肪肝の可能性が、100IU/L以上の場合はウイルス性肝炎の可能性が高くなります。

 

ASTはALTと同じく酵素ですが、肝臓だけでなく心臓や手足の筋肉にも存在しています。

 

基準値は同じく40IU/L以下と言われていますが、肝臓以外にも存在しているので基準値より高い場合は、肝臓の異常だけでなく心臓などの臓器の異常も考えられます。

 

また、アルコールの分解に重要な働きをするといわれているγGTPの値も同じく注意が必要です。

 

基準値は男性が50IU/L、女性が32IU/L以下といわれています。

 

数値が上がる原因としては肥満やアルコールの飲み過ぎ、胆石の詰まりや胆管細胞が破壊された場合が考えられます。

 

γGTPは腎臓や脾臓、膵臓や小腸に含まれているため、基準値より高い場合は胆道疾患などの病気が潜んでいる可能性も考えられますから注意です。

 

何度も言うように、肝臓は沈黙の臓器とも言われていて自覚症状がでにくいのですから、毎日お酒を飲んでいる人は、もう自分は長くないと一応覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

遺書も書いておいて損はありません。

 

とにかく食欲がわかない、顔色が優れない、手の平が黄色いといった症状が現れたときはかなりマズイですね。

 

私に言わせれば。

 

肝機能からのSOS信号だと思いますよ。

 

しかも沈黙の臓器が信号を送っているという一大事。

 

手遅れの可能性さえあります。

 

とにかく一刻も早く病院に行くことです。

 

肝機能改善サプリメント

しじみ画像

 

前述したように、肝機能異常はAST、ALTの検査をすることで判明することも多く、この検査は健康診断や人間ドックでも盛んに行われている検査です。

 

AST、ALTとは肝臓の細胞が壊れた状態にある時に血液中に出てくる酵素であり、その数値を読み取ることで肝機能が異常かどうかを判明することができるということですね。

 

肝臓は肝機能が悪化しても目立った症状が存在するわけでなく、異常を見つけ出すにはこのASTとALTの検査を行うことでしか基本見つけ出すことができません。

 

だからあなたの隣に住んでいるのん兵衛のおっさんが、どんなに色艶の悪い黒い顔をしていても、黄疸のような黄色い顔をしていても、それだけで肝機能異常と決めつけることはできないということです。

 

推測で噂話はしないように。

 

さて、この様に目立った症状も存在せず沈黙の臓器といわれる肝臓をサポートするという、のん兵衛には嬉しい肝機能改善のサプリメントがあります。

 

有名どころでは、ウコンやしじみエキスのサプリメントなんかありますよね。

 

例えば

 

 

特にしじみには、「タウリン」、「オルニチン」の二つの成分が配合され、これを服用することでアルコールを飲んだ時に肝臓にかかる負担を抑制する働きがあります。

 

いいですか。

 

あなたの旦那でもいいでしょう。父親でもいいでしょう。また自分自身でもいい。

 

周りにのん兵衛は絶対にいますわな。

 

そういう人に教えてあげなさい。「タウリン」、「オルニチン」の存在を。

 

そして毎日しじみ汁を飲ませなさい。

 

暑いからと言って許しちゃいけませんよ。

 

水筒にも氷水と嘘をついて、しじみ汁を入れなさい。

 

旦那は怒って帰ってくるでしょうが、怒りは一時。

 

いずれあなたの優しさがわかるときがくるでしょう。

 

と、まあそうは言っても毎日しじみ汁を飲ませるのは困難ですわな。

 

だからサプリメントの登場なんですよ。

 

有名なサプリメントとしては、「オルニパワーZnプラス」「レバリズム-L」「海宝の力」「協和発酵バイオオルニチン」「DHCオルニチン」などがあります。

 

錠剤タイプまたはソフトカプセルタイプで飲みやすくなっていますから、無理せず飲み続けることもできるでしょう。

 

ただ肝機能改善に優れているからと、サプリメントだけに頼り過ぎないことも注意が必要となります。

 

肝機能を高める食事

食事画像

 

肝臓は身体の毒素を分解して無毒化したり、タンパク質や糖質、脂質といった栄養素を貯蔵し、エネルギーとして使うことの他、胆汁を生成し分泌して、脂肪の消化を助けてくれる機能を持ちます。

 

人が健康的に生きていくにはとても大切な臓器で、割と丈夫なことでも知られていますよね。

 

その一方で、とても我慢強い臓器であることから、機能が低下しても症状が出にくいのが厄介です。

 

ですので、顔がみかんのようにまっ黄色になっていたら、あなたの死期は近いと覚悟しましょう。

 

そうですよね?普通症状が出にくいんですから。

 

だからそうならないためにも日頃から肝機能を高める対策を実践したいところです。

 

肝機能を高めるには、食事療法が一番です。

 

質の良いタンパク質を栄養素として取ると、肝細胞を修復して低下しがちな肝機能を高めることが可能です。

 

良質なタンパク質を豊富に含む食材である、大豆製品を食べるようにしましょう。

 

大豆の煮物やきなこ、豆乳や豆腐、納豆に味噌など、日本には大豆に関連する食材が山ほどあります。

 

入手が比較的容易ですから、毎日の食卓に並べる工夫をしてみましょう。

 

大豆製品以外からもタンパク質を摂取してくださいよ。

 

栄養がかたよりますからね。

 

玄米やゴマ、卵や乳製品にもタンパク質が豊富です。

 

また、肉類や魚介類からもきちんと摂取してください。

 

植物性と動物性のタンパク質をバランスよく食べることが大切ですから。

 

え?ダイエット中?

 

そんなの関係ありません。

 

あなたはもう手遅れです。

 

いやいや失礼。つい本当のことを・・・

 

失礼。

 

ダイエットで食事量を減らすと、必要な栄養素が不足して肝機能の低下の原因になりますので注意が必要です。

 

ダイエットするなら、食べるものはきちっと食べて、運動して健康的なダイエットを目指すようにしてください。

 

そうそうあと、ビタミン群も肝機能を高めるには大切な栄養素です。

 

抗酸化作用を持つビタミンの働きによって、肝臓の負担が和らぎます。

 

抗酸化作用を持つビタミンはAとCとEです。

 

レバーの他、ニンジンやブロッコリー、カボチャにアーモンドやピーナッツ、ゴマなどを食べましょう。

 

 

 

 

 

■おすすめ肝機能改善サプリ

 

 

 

■おすすめ健康サプリランキング
今話題の健康サプリをランキング形式で紹介しています。
是非参考になさって今日から健康な生活を!

 

 

おススメサイト

page top