健やかな身体で今日もイキイキ!

血糖値と糖尿病

 

血糖値には気を付けよう

糖尿病画像

 

健康診断などの血液検査で必ずチェックされるのが血糖値です。

 

血液中に糖分がどれだけ含まれているのかを見ることで、食生活のバランスから糖尿病の危険性などを判断します。

 

人間の体は糖分が体に入るとそれを分解してエネルギーに変えます。

 

血液にも糖分が入り、体中に運搬されます。

 

なので食事後すぐは当然、血液は糖分を多く含んでいる=血糖値も高くなります。

 

ですから健康診断や、検査などの診断前には飲食しないようにと言われるんです。

 

正常値がわかりませんから。

 

ところでこの糖ですが、何の糖かというとブドウ糖の事で、通常はエネルギーに変えるためにインスリンが分泌されていますが、このインスリンの働きが弱い、インスリンが追い付かないほど糖分が多い時などは血中に糖分が出てしまうのです。

 

これは問題ですな。

 

確かに糖分はエネルギー源なわけですから、必要不可欠なのは確かです。

 

でも限度ってものがあるでしょ。あなた。

 

糖分が血中に多すぎると、血管を固くしたり、ドロドロ血液にしたり、糖尿病につながるのはご存知の通りですね。

 

空腹時の血糖値の基準は正常値は110とされています。さらに好ましいのは100以下ですので、ここをボーダーラインにして考えると良いでしょう。

 

ちなみに糖尿病の可能性大と判断される血糖値の基準値は126以上です。

 

こうなったら食事や運動など生活習慣を変える必要があります。

 

特に食事は糖分や脂質を減らして、その吸収を穏やかにしてくれる野菜や海藻などを多く摂るように心がけましょう。

 

それから糖分というと甘いものというイメージがありますが、実は炭水化物に多く含まれています。

 

ですので、ご飯(白米)の食べ過ぎ。

 

これはあまりよくありませんね。

 

たまにおかわり自由をいい事に、バンバンご飯を食べる奴とかいるでしょう。

 

飯は力になるなんて言ってね。

 

でも糖尿病になったらおしまいですから。

 

血糖値とダイエットの関係

糖尿病画像

 

血糖値とはその名の通り、血液中にどれだけ糖が含まれているかを示した値です。

 

その値が低いほど糖が少なく、値が高いほど糖が多いということになります。

 

あたりまえですよね。

 

通常人間の体では、血糖値を上げるグルカゴン、下げるインスリンの2つの作用によって血糖値は調整されています。

 

血糖値がどんどん上がっていくことによってインスリンが分泌され、糖をエネルギーとして筋肉や様々な臓器に送るのですが、余ってしまった分は脂肪として蓄えます。

 

これが肥満の原因の1つになるわけです。

 

ですので、血糖値はダイエットと大きな関係があると言えるでしょう。

 

まわりを見渡してごらんなさい。

 

血糖値が高い、もしくは糖尿病だという人はもれなくデブが多いでしょう。

 

え?そりゃそうですよ。

 

前述したように、糖分を多くとれば、余剰のものは脂肪になるんですから。

 

あげくに今更ダイエットなどとは片腹痛し。

 

そんな醜い身体にしたのは誰の責任だ?この贅沢病が!!

 

いや冗談です。お許しを。

 

とにかく血糖値を抑えるために一番効果的なのが食生活の改善です。

 

  • 炭水化物を控える
  • 野菜や果物を積極的に食べる
  • 水やお茶を飲む習慣を身に着ける
  • 甘いお菓子、スナック菓子などの食べ過ぎに注意する
  • 揚げ物などの油を控える

 

などが基本ですね。

 

あとは運動です。

 

どんどん身体を動かして、糖をエネルギーとして使い果たしてくださいよ。

 

毎日急坂を10キロ走るとか、山の断崖絶壁を上るとか、大海原に一人置いてきてもらうとか考えればキリがありません。

 

そこまで自分を追い詰めないと、たるんだ人間というのは運動しないんですよ。

 

だから私は言いたい。

 

血糖値をさげるダイエットをしたいなら、自らを千尋の谷にたたき落とせとね。

 

血糖値を下げる食べ物

糖尿病画像

 

発症するのが働き盛りの年代に最も多い糖尿病は、発症後は完治することが難しいため、一生付き合っていく覚悟が必要となる病です。

 

最も怖いのが、状態をそのままにしておくことで症状が進行し、合併症などを誘発してしまうことです。

 

こうなると、ただでさえ苦しい病であるのに、更なる苦しみを味わうことになってしまいます。

 

どうですか?

 

最近みなさんは糖尿病を舐めている傾向が見受けられますね。

 

”結構なってる奴多いじゃん”とか”どうせインシスリンを打っておけば大丈夫なんだろ”なんてね。

 

それが甘いんですよ。このヒヨコ野郎。

 

いいですか。

 

糖尿病で一番怖いのが合併症です。

 

私の知り合いも、糖尿病から合併症を引き起こし、最初は目が見えなくなり、それから肺、内臓、そして最後には両足を切断した人がいます。

 

確かに彼にも落ち度はあったでしょう。

 

打たなければならないインシュリンの注射を、パチンコにかまけて打たないときもあったなんて言ってましたから。

 

彼自身、糖尿病を舐めていた感は否めません。

 

しかし、それほど糖尿病は恐ろしい病気だということを皆さんに再認識してほしいのです。

 

その糖尿病ですが、前述したように一度かかったら治すのはまず無理です。

 

なので、これ以上悪化させないような対処法をとる必要があるのです。

 

それには、やはり食事療法が考えられます。

 

すでに糖尿病の治療中でも、食事療法は有効となります。

 

薬だけで血糖値を抑えることは難しいため、適度な食事や運動で投薬の効果を高めるのです。

 

では具体的に、血糖値を下げる食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

まず、野菜では、玉ねぎ、アロエ、緑黄色野菜、キノコ、レモンなど。

 

調味料では、お酢やオリーブオイルが有効で、大豆類の豆腐、納豆、あげ、豆乳など、最近人気のおからパウダーなどもよいでしょう。

 

さらに、お茶類として、ゴーヤ茶、グアバ茶、日本茶、ウーロン茶などもおすすめとなります。

 

また、食事の際には食べる順番にも注意が必要です。

 

ご飯、パンなどの炭水化物は血糖値を急上昇させますので、主食ではなく副食から先に食べるようにします。

 

特に、炭水化物の消化吸収を阻害する食物繊維を先に取ることは、血糖値が上昇しにくくなるのでポイントです。

 

すなわち野菜、海藻、キノコを先に食べるのがベストですな。

 

 

 

 

■血糖値が気になる人のサプリ

 

 

 

■おすすめ健康サプリランキング
今話題の健康サプリをランキング形式で紹介しています。
是非参考になさって今日から健康な生活を!

 

 

おススメサイト

page top