健やかな身体で今日もイキイキ!

自律神経の鍛え方と食事

 

自律神経の鍛え方

ストレス画像

 

自律神経は、呼吸器や消化器、循環器など私たちの体に欠かせない働きを調整するのに不可欠なものであり、休むことなく働き続けている神経でもあります。

 

主に日中に活発になる交感神経と、夜間に活発となる副交感神経のふたつがありますが、

 

これらのバランスが崩れてしまうと、体に様々な不調をもたらすようになります。

 

バランスが崩れる原因として一番に挙げられるのがストレスです。

 

そうストレスですよ。

 

仕事の疲れ、人間関係のストレス、自分のコンプレックスによるストレスなど、ストレスというのは、何においても身体によくありませんね。

 

でも人間だけじゃありませんよ、ストレスがあるのは。

 

動物だって、いやさ昆虫にだってストレスはあるのですから。

 

子供たちの大好きなカブトムシだってあまり触り過ぎたら、人間に触られるストレスで長生きできないんです。

 

子供諸君気を付けたまえ。

 

まあ生きていれば、何かしらのストレスを感じざるおえないでしょうが、なるべくストレスをためないように生活したいものです。

 

あと原因の二つ目としては、不規則な生活ですね。

 

不規則な食生活や睡眠の乱れを続けてしまうことで、自律神経の乱れに繋がることがあります。

 

そして、このような状態が続いてしまうと、メニエール病や自律神経失調症、神経性胃炎や過敏性腸症候群、過呼吸症候群などといった疾患に繋がる恐れもあるため、注意が必要です。

 

ですのでこういった症状を予防するためにも、自律神経を鍛えることが大切となるんです。

 

その方法を3つここに記しましょう。

 

適度な運動をすること。

 

やはり運動ですわ。運動することによってストレスの発散にもなりますし、体内の血行もよくなりやる気がでます。

 

その死んだ魚のような目も治るというものです。

 

朝日を浴びること。

 

これも大事ですな。まず朝日を浴びることによって、自分は生きているんだな〜と神様に感謝することができます。

 

あとは自分が人間であること。動物でも昆虫でもなかったことに安堵の思いが湧いてきます。

 

「俺は人間だ〜!」とひとけがなかったら笑いながら叫びましょう。

 

自信が湧いてきますから。

 

腹式呼吸を心がけること。

 

女性はとくに腹式呼吸ではなく、胸式呼吸の人が多いです。

 

だから今日から腹式にしなさい。

 

腹を膨らませて、深く息を吸うんです。

 

そして腹を引っ込めながら、静かに息を吐いていきます。

 

これが腹式呼吸。

 

これはすべての呼吸法の基本というだけでなく、非常にリラックス効果がありますから、自律神経を整えるにはもってこいなのです。

 

さあわかりましたか?

 

今日から実践しなさい。

 

自律神経を整える食事

ヨーグルト画像

 

自律神経が乱れることでホルモンバランスの崩れや血行不良を引き起こし、それによって健康を大きく害してしまう恐れがあります。

 

自律神経を鍛える方法は前述しましたが、今度は自律神経を整える食事方法について述べたいと思います。

 

まず食事の方法で大切なのが朝食をしっかりと食べるようにすることです。

 

そう。最近の若い人などは、特に朝食を抜く人が多いですよね。

 

若い人と言っても、私が若いころにもよく言われた言葉ですが・・・。

 

現に私は今でも朝食は食べません。

 

でもそれではダメなのです!!

 

朝食というのは、3食の中でも特に大切な時間であり、朝食を摂ることでリラックス作用を生み出す効果があると言われています。

 

あと朝食を食べると、血流が良くなるのも大事な理由です。

 

朝食を摂ることによって肝臓の働きを良くすることができ、多くの血液が全身を巡るようになります。

 

すなわち身体に”もう起きているんだぞ〜”と教えてあげるんです。

 

食事内容も自律神経に大きく関係していて、率先して摂取した方が良いと言えるのが食物繊維です。

 

食物繊維が良い理由は腸の働きを良くする作用が優れているからです。

 

腸の働きが良いというのは、これすなわち副交感神経が活発になっている証拠です。

 

これは自律神経を整えるためにはとてもよいことなのです。

 

ただ、食物繊維には水溶性と非水溶性があり、どちらでも良いというわけでもありません。

 

自律神経対策として適しているのは水溶性食物繊維でありまして、果物をはじめ、キャベツ、わかめ、オクラ、めかぶ、こんにゃくなどが挙げられます。

 

あと、発酵食品も自律神経を整える作用に期待ができますね。

 

発酵食品に含まれている酵素には、血液の循環を良くしたり、腸の働きも活発にしたりと様々な効果があります。

 

代表的な発酵食品としては、味噌やヨーグルト、キムチ、漬物、乳酸菌などが挙げられます。

 

だから朝食にヨーグルトなんてのは、理にかなっているわけですね。

 

この酵素は、元々人体にもあるものなのですが、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどが原因で減少していきますので、食事から意識的に摂取することが大切と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

■自律神経を整える

 

 

■おすすめ健康サプリランキング
今話題の健康サプリをランキング形式で紹介しています。
是非参考になさって今日から健康な生活を!

 

 

おススメサイト

page top