健やかな身体で今日もイキイキ!

脂肪細胞の数

 

脂肪細胞の数と太りやすい体質

診断画像

 

体の中にある脂肪細胞の個数が多い人ほど、ちょっとしたきっかけで太ってしまいます。

 

脂肪細胞の数には個人差があって、ティーンエイジャーの頃に太っている人はその数が多いといわれています。

 

10代のころに太り気味体型だった人は、成人してからも脂肪細胞の数が多いままの傾向がありますので、あまり体型は変わらないという人が多いです。

 

成長期が終わってから脂肪細胞の数を変えることはできませんので、一生その体とつき合っていくしかないということになります。

 

脂肪細胞の数を調整して、太りやすい人が、太りにくい体質になることはまず無理です。

 

体内にある脂肪細胞というのは、増えたものを減らすことができず、できるとすれば大きさが変化するくらいです。

 

少しの食べ過ぎがすぐに体重増加に反映されたり、ダイエットが一時的にうまくいったのにリバウンドで元通りになってしまったりという人は、脂肪細胞が人より多いかもしれません。

 

ダイエットも周囲の人よりもずっと気合いを入れてする必要があると、自覚を持って取り組みましょう。

 

食事で摂取したカロリーが多いと体重が増加しますが、その程度は肥満細胞が多い人ほど大きくなるといいます。

 

体重が無闇に増えないように、カロリーの摂取量と消費量をしっかり管理するようにしましょう。

 

低カロリーな食事と、運動の習慣をベースに、規則正しい生活を送ることが大切になります。

 

脂肪細胞が多くても諦めるな

肥満画像

 

人体には、褐色脂肪細胞と、白色脂肪細胞という2種類の脂肪細胞があります。

 

体脂肪は白色脂肪細胞に貯め込まれ、必要に応じて燃やされて、活動源になります。

 

褐色脂肪細胞のほうは、エネルギーを燃やして消費する時に使われており、代謝と関係しています。

 

脂肪細胞は太りやすい体質かどうかに関わってきますが、説明するまでもなくタチが悪いのが白色脂肪細胞です。

 

一旦増加した脂肪細胞は、減量を成功させて痩せることができても、数はそのままで、太りやすさもそのままです。

 

脂肪細胞が増加する時期は限られてはいるものの、その時は細胞数が増え続けます。

 

多くなることはあっても、少なくなることはないので、結果的にどんどん脂肪細胞の個数が増えるということです。

 

ところで体脂肪率の変化は、脂肪細胞の個数ではなく、細胞の大きさが変わることで変化します。

 

脂肪細胞の個数は成人してからはどうやっても変わることはないので、当然ですわな。

 

ダイエットで痩せた場合、細胞に含まれている脂肪の量が減るわけです。いわば脂肪細胞が小さくなるわけですね。

 

適度な有酸素運動をして体脂肪の燃焼を促し、体内に蓄積されていた脂肪を燃やしてしまえば、脂肪細胞は縮んでいきます。

 

そして脂肪細胞が常に小さい状態に維持していれば、すぐに太ってしまう心配はありません。

 

体重を増やさないためには、食事の内容に気をつける一方で、積極的に体を動かしてカロリーを燃焼させることが大事になります。

 

規則正しい生活を送り、睡眠をしっかりとり、食事の献立や運動に気を配り続けることができれば、脂肪細胞が多くても太りすぎずにいられます。

 

 

 

■肥満症の予防におすすめ

 

 

■おすすめ健康サプリランキング
今話題の健康サプリをランキング形式で紹介しています。
是非参考になさって今日から健康な生活を!

 

 

おススメサイト

page top