健やかな身体で今日もイキイキ!

健康食品とは

 

健康食品と保健機能食品

健康食品画像

 

健康食品と呼ばれるものが数多く売られていますが、健康食品とは正確には何を指すのでしょうか。

 

法律で健康食品を規定した文言はありませんが、消費者が漠然と考えている健康食品のイメージはあります。

 

広い意味では、健康の保持増進を助けることができる食品として販売される食品のことを指しています。

 

健康食品の中には、保健機能食品として販売されているものがあります。

 

保健機能食品制度は国のシステムで、商品の質を保証するためのものです。

 

国が決めた保健機能食品の条件があり、その条件をクリアしているものが保健機能食品になるわけです。

 

保健機能食品制度で認められた食品の場合は、おなかの調子を整えるとか脂肪の吸収をおだやかにするなどの目的があります。

 

言い換えれば、健康維持や健康増進という目的を果たすために作られている食品であると言えるでしょう。

 

この他に、保健機能食品には定められている基準をクリアしていれば、栄養成分についての表示が可能なものもあります。

 

ただの健康食品にはこのような国による基準や許可は一切なく、栄養成分の表示や効能などを表示することはできません。

 

決まりごとが色々あるわけですよ。

 

しかし、だからといって普通の健康食品が健康に効果がないということではないですよ。

 

勘違いはしないように。

 

健康食品は薬ではない

健康食品画像

 

何をもって健康食品というかは日本の法律では定められていませんが、販売に際しての枠組みはあります。

 

口に入るものについては、食品と薬という2種類の分類が食品衛生法や、医薬品を定めた法律で決められています。

 

健康食品は食品のカテゴリーに入るため、食品に対する法律が適用されるわけです。

 

食品というと、調理する前の素材や調理された後の皿に盛られた料理を想像します。

 

健康食品の中には、調理済みの食品と同じような見た目をしているものもありますが、それ以外のタイプも色々あります。

 

健康食品と言われて多くの人が思い浮かべるのは、錠剤やカプセル、顆粒などです。

 

規制が厳しかったころは、健康食品を錠剤やカプセルにすると薬と混ざるので良くないとされていました。

 

しかし最近はカプセルや錠剤の健康食品もありますよね。

 

それは食品であることを記載すれば販売OKになったためです。

 

いわゆるサプリメントの台頭ですな。

 

食品と名がついているせいか、健康食品に対する認識や解釈の誤りによる違法販売が見受けられることもあります。

 

法律を守らない売り方をしているメーカーはごく一部ですが、大げさな表現や広告に騙されないように注意をしましょう。

 

どんな健康食品にすべきか迷ったら、配合成分や、身体への効果をきちんと確認し直すといいでしょう。

 

 

■健康サプリメントおすすめ

 

 

■おすすめ健康サプリランキング
今話題の健康サプリをランキング形式で紹介しています。
是非参考になさって今日から健康な生活を!

 

 

おススメサイト

page top