健やかな身体で今日もイキイキ!

サポニンの効果と効能

 

サポニンって何?

サポニン画像

 

サポニン・・。

 

なんか変な名前ですよね。

 

サポニンは、水にとかすと石鹸のように発泡作用をおこす特徴をもっており、ラテン語で石鹸の意味をもつサポが名前の由来になっているといわれています。

 

そのサポニンとは具体的にどういうものかというと、植物の根や葉や茎などに多く含まれている、配糖体の一種ということです。

 

配糖体なんて言われてもよくわかりませんよね・・

 

言い換えれば、苦みやえぐみの元となっている成分というのでしょうか。

 

サポニンを多く含んでいる食品には、大豆、田七人参、高麗人参、アマチャズルなどがあり、とくにマメ科の植物には多く含まれています。

 

これらの食べ物からサポニンを摂取することはもちろん可能ですが、効率よく摂取するためにはサプリメントやお茶などで摂取する方法がありますね。

 

ただ摂取する際の注意点として、サポニンは種類ごとに1日に摂取することの出来る目安量がありますから、例えば大豆サポニンの場合、1日に100mg以上は摂取しないほうが好ましいです。

 

なぜかというとサポニンの種類によっては、過剰に摂取すると吐き気を催したりすることがありますから。

 

その種類ですが、わかっているだけで数十種類、大豆に含まれているのは大豆サポニン、高麗人参に含まれているのは高麗人参サポニンなどと呼びます。

 

また、サポニンは殺菌作用や抗菌作用を持っていて、発泡作用もあることから天然の界面活性剤として使用されることも多いです。

 

ですので、サポニンを高濃度で含む植物は、昔は石鹸代わりに洗濯などに用い(ムクロジ、サイカチの果実など)、現在でも国によってはシャンプーなどに用いています。

 

サポニンの効能

風邪画像

 

さて、ではサポニンを摂取すると、どのような効果が期待できるのでしょうか?

 

サポニンは血流を改善したり、免疫力を高めることで体力を高めることができる成分で、

 

昔から東アジアを中心にして滋養強壮のための成分とされてきました。

 

また、大豆や高麗人参に含まれている有効成分でアンチエイジング作用が強いので、血管や肝臓機能を強化することができ、様々な病気を防ぐことができます。

 

例えば風邪。

 

これは誰でもひきますわな。

 

風邪を今までひいたことがないなんて人はこの世には存在しません。

 

でも、よく一年中風邪をひきっぱなしみたいな奇特な人がたまにいるじゃないですか。

 

あれは、ストレスや肉体疲労によって免疫力が低下しているのが大体の原因なんですが、そういう人こそサポニンサプリをどうぞってなもんなんです。

 

免疫力を向上させると風邪はひきにくくなりますから。

 

風邪の原因とされているのは主にウイルスで、これを防ぐためにはマスクなどはあまり意味がないといいます。

 

唯一の予防法としては手洗いで、手を洗わないまま部屋の中で過ごすと、ウイルスを家中にばらまいて多くの人に感染させるわけです。

 

しかしサポニンを飲んでいると免疫機能が高まっているので、ウイルスが体に侵入しても増殖を防ぐことができるので体調を崩すことがなくなるんですね。

 

また、風邪を防ぐために大切なはたらきをする毛細血管を強化する働きもあるので、手足の冷えを防いで体温を上昇させますし、抗菌作用が強いので肺に侵入した異物や細菌などを体の外は排出することができるので、肺炎などを防ぐこともできます。

 

特に高齢者などは、インフルエンザなどの合併症で肺炎になったりする恐れが若い人よりもあるわけですから、サポニンのこういう効能は頼もしいですよね。

 

他にも代表的なサポニンの効能として、血中コレステロール値をさげるということが有名ですね。

 

健康効果としては、肥満の予防、血流の改善、肝機能向上、免疫力の向上、せきの抑制などを期待することが出来ます。

 

いやはやサポニン。

 

素晴らしいの一言ですな。

 

 

 

 

■おすすめサポニンサプリ

 

 

 

■おすすめ健康サプリランキング
今話題の健康サプリをランキング形式で紹介しています。
是非参考になさって今日から健康な生活を!

 

 

おススメサイト

page top