健やかな身体で今日もイキイキ!

目にいい物質ルテイン

 

ルテインって何?

ブルーベリー画像

 

皆さんはルテインって知ってますか?

 

あまり聞きなれない名前でしょう。

 

まあ私の話を聞きなさい。

 

ルテインとは、抗酸化作用を持つカロテノイドという物質の一種で、網膜の中心部や水晶体、皮膚や大腸などにも存在している物質です。

 

なんのことやら?ですよね。

 

まあ平たく言うと非常に目によい物質ということです。

 

目ですよ。目。

 

人間のもつ五感の中で、一番重要な視覚をつかさどる目です。

 

その目に非常にいい物質を今から紹介しようとこういうわけです。

 

さて、現在では眼科も一目おいているというこのルテイン。

 

気になる働きですが、網膜の保護や治癒に一役かっています。

 

人は起きている間、常に目をあけていますので、網膜の負担は大きいと考えられますが、ルテインは目に入る強力な光から保護してくれたり、様々な眼病を守ってくれる役割があります。

 

また、眼底の黄斑部や網膜にあるルテインは、紫外線やブルーライトなどの光を吸収した際の、光のエネルギーから発生される消化酵素を消去してくれる役割があるのです。

 

どうですか。このようにルテインは絶えず我々の大事な目を守ってくれているのですよ。

 

素晴らしい物質じゃないですか。

 

しかし体内にあるルテインは、残念ながら加齢によって徐々に減少していきます。

 

だから私たちは、積極的に体内にその栄養素を取り込んでいかなければなりません。

 

ではルテインを多く含む食品は何があるでしょうか?

 

はい、そこのあなた、答えてみなさい。

 

何?わかりません?

 

わからないってあなた、ブルーベリーでしょ。ブルーベリー!

 

昔からよくブルーベリーは目にいいっていうでしょうが。

 

そんなことも知らんのか!このチョウチンフグ!

 

・・・いや失礼。

 

あとはカシス、ケール、ほうれん草、かぼちゃ、ブロッコリー、とうもろこしなどの緑黄色野菜に含まれていますので覚えておくように。

 

だから野菜を食べることっていうのは身体にホントにいいことなんですよ。

 

毎日食べなさい!!

 

ルテインを摂取する時の注意点

サプリ画像

 

さて、そのルテインですがね、食材から一日に必要な量を摂取しようとすると、えらいしんどいです。

 

例えばニンジンから摂取しようかなんて思ったらあなた、毎日13本も食べなくてはなりません。

 

あなたが馬ならチョチョイのチョイでしょうが、人間だとしたらまずムリでしょ。

 

だから食事でそんなに無理して摂取しないで、足りない分はサプリメントなどで補えばいいと思います。

 

いいサプリメントが色々でてますから。

 

それからルテインを摂取する時の注意点として、一日に必要な摂取量よりも、多めに摂取しなければならないということがあります。

 

なぜかというと、ルテインは水に溶けにくく、体に吸収されにくい性質があるんです。

 

だから体に吸収されない分も考えて摂取しないと、必要量をとることができないんですね。

 

でもルテインは油に溶けやすいという性質もあるので、油と一緒に摂取することで体に吸収されやすくなるという特徴もあります。

 

すなわちドレッシングをかけて食べたり、炒めて食べると吸収率があがるということです。

 

まあ野菜を生でそのままボリボリ食べる人はあまりいないでしょうから、そこは自分でそれなりの計算で摂取するようにしてください。

 

と言っても、ルテインは1日に6r以上摂取することが望ましいなんて言われてますから、計算もクソもないですけどね。

 

前述したようにどっちみちそんなに食べれませんから。

 

そこでサプリメントの登場になるわけですが、サプリメントで摂取する時の注意点をここに記しましょう。

 

それは、そのサプリメントに含まれている他の有効成分について確認するということです。

 

なぜか?

 

それはルテインの効果はルテインだけでは十分に発揮されないからです。

 

どんな栄養成分にもいえることですが、他の成分と合わさることで相乗効果が生まれ、より多くの効果を発揮することになるのですから。

 

ですので、ルテインを効果的に目に届けるためには、ゼアキサンチンやビルベリーの成分が必要になります。

 

市販のサプリメントには、このような成分が配合されていないものもあるので、しっかりと確認するようにしてください。

 

飛蚊症にルテイン

飛蚊症画像

 

飛蚊症ってありますよね。

 

飛んでもいない蚊が目の前を横切って見えて、隣の人の額に蚊が止まったと思い込み、スリッパで殴ってしまう病気です。

 

冗談です。

 

それはドリフのコントですよ。

 

そう。飛んでもいない蚊が目の前を横切って見えるようなことを飛蚊症っていうんです。

 

これは歳をとるとよくなりがちな症状です。

 

飛蚊症が加齢によって引き起こされる理由は、歳をとると生理的な現象の影響を受けやすくなるためです。

 

目は透明なゲル状の硝子体で満たされています。

 

硝子体の中の細胞が光の加減でシワのようになることで、影がまさに蚊が飛んでいるように見えるのです。

 

若い頃は紫外線によって増えた活性酸素を分解することができますが、年齢を重ねると免疫機能が低下して活性酸素が増えるため症状がでやすくなると言われています。

 

ただこれは目の病気ではないので心配ありません。

 

しかし、いくら心配がないといっても年がら年中目の前を蚊が飛んでいたら嫌ですよね。

 

そこでルテインの登場です。

 

ルテインはカロチノイドの一種で、黄色い野菜に多く含まれています。

 

そしてルテインには抗酸化作用があり、目の中の活性酸素を除去できるので、加齢による飛蚊症の影響を抑えることができるのです。

 

また、網膜の病気だけでなく目で発生する生理現象対策にも有効なので、ルテインを摂取することは目全体の健康につながります。

 

どうですか。

 

今日から合言葉は目と言ったらルテインですな。

 

それから追記しておきますが、飛蚊症は目の病気ではないとは言いましたが、まれに後部硝子体剥離によるものもあります。

 

これだと失明する危険もありますから、飛蚊症を確認したら念のため眼科に行くことをおすすめします。

 

 

 

 

■おすすめルテインサプリ

 

 

 

■おすすめ健康サプリランキング
今話題の健康サプリをランキング形式で紹介しています。
是非参考になさって今日から健康な生活を!

 

 

 

 

 

おススメサイト

page top